レビトラを処方をもらえない方は?

レビトラは今一番人気が高い勃起不全治療薬で、処方をもらえないと使用できない治療薬です。でも、勃起不全患者たちにレビトラ処方までももらえない方もあるということです。それはどうしてなのですか。当ページではレビトラ処方をもらえない男性方の特徴についてご紹介いたします。ぜひ自分はレビトラを使用できるかどうかを確認してください。

レビトラはED勃起機能障害を改善する薬として開発して以来ずっと人気を集めています。特にその優れた即効性、食事に受けにくい、または自然勃起の持続時間が長いなどのメリットで多くの男性を救いました。でも、男性の皆さんだれでもレビトラを使用できるとは言えないのです。例えば、以下の状況がある男性たちは、レビトラ処方できない方なのです。

  •  まずは、硝酸剤を使用中の方です。硝酸剤を含む薬をレビトラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。
  •  二つ目は抗ウイルス薬 (HIV治療薬)を使用している人です。レビトラと併用することによりレビトラ錠の血中濃度が上昇することがありますので、レビトラと併用することをやめてください。
  •  レビトラを服用すると過敏症がある方はレビトラを処方できないのです。また、レビトラを飲んだ後に、副作用が激しい方もレビトラの服用をそれほど進めないのです。
  • または先天的に不整脈(QT延長症候群)がある方や、現在、抗不整脈薬を使用中の方はレビトラ処方できないのです。そういう方々はぜひレビトラの使用をお控えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です